淀川区LGBT支援事業 コミュニティスペース
予約制個別相談
公開資料
previous arrow
next arrow
Slider

公開資料 教職員ハンドブック

2018/05/18

教職員向けLGBTハンドブック

教職員向けLGBTハンドブック

2015年12月公開

ほとんどの人は、「性的マイノリティ」や「LGBT」について学校で習ったことはありません。

2015 年4月 30 日、文部科学省から、『1.性同一性障害に係る児童生徒についての特有の支援』、そして 『2.性同一性障害に係る児童生徒や「性的マイノリティ」とされる児童生徒に対する相談体制等の充実』 についての通知が出されました。 教員養成課程にも性的マイノリティに関する項目は入っていないため、教職員でさえ、多くの一般の方と同 様に、正しい知識がない状況です。

しかし、「知らないではすまされない」現状があります。

「淀川区 LGBT 支援事業」では、コミュニティスペースに年間 200 人以上の参加者、電話相談に年間1,000 件以上の着信がありました。 学校や家庭の中で「おかま、ホモ」などの差別的な発言を見聞きすることも少なくありません。テレビでも、 笑いの対象として扱われています。

そんな中、子ども達は、傷つき、誰にも相談できず、孤立しています。「自分は社会に認められない」と思 い悩み、不登校や中退、自死などの要因にもなっています。20 人に一人と言われる性的マイノリティは、外国の話や、テレビの中の話ではありません。皆さんがすでに出会ってきた子ども達の話です。 あなたの一言が、あなたの行動が、生徒の命を救うきっかけになるかもしれません。

このハンドブックが、子どもたちを、親を、先生をサポートする一助となりますように。 そして、このハンドブック制作にあたり、ご協力いいただいた、淀川区、阿倍野区、都島区の教職員の皆さ まに深く感謝いたします。

教職員向けハンドブック PDFダウンロード

教職員向けハンドブック 音声データ用 PDFダウンロード

使用について

ダウンロードして、印刷、配布、自由です。引用する場合はお問い合わせフォームからご一報ください。

出典『「性はグラデーション」 大阪市淀川区・阿倍野区・都島区 3区合同ハンドブック』と記載いただくようにお願いします。

-公開資料, 教職員ハンドブック

Scroll Up

Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/niji-yodogawa/www/wp1/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252