投稿

法人 融資即曰現金

【PR】

































































ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)を財務上の資産として活用する方法です。通常、企業は商品やサービスを提供した後、顧客からの支払いを待つ必要がありますが、ファクタリングを利用することで即座に現金化することができます。

  • ファクタリングのプロセス

ファクタリングのプロセスは比較的シンプルです。まず、企業は売掛金をファクタリング会社に売却します。その後、ファクタリング会社は売掛金の一部(通常は大部分)を即座に企業に支払い、残りの金額を請求書の支払いがあった際に返金します。

ファクタリングの利点

  • キャッシュフローの改善

ファクタリングを利用することで、企業は売掛金の支払いを待つことなく、即座に現金を受け取ることができます。これにより、キャッシュフローを改善し、資金繰りの問題を解決することができます。

  • リスクの軽減

ファクタリングを利用することで、企業は売掛金の回収リスクをファクタリング会社に転嫁することができます。顧客が支払いを遅延または不払いした場合でも、企業には影響がありません。

資金調達としてのファクタリング

ファクタリングは、資金調達手段としても利用されます。企業は売掛金をファクタリング会社に売却することで、即座に現金を調達することができます。これにより、新規事業の拡大や資金不足の解消に役立ちます。

ファクタリングと似た手法

  • 貸し倒れ保証

貸し倒れ保証は、ファクタリングと同様に売掛金のリスクを軽減する手段です。ただし、貸し倒れ保証では企業が売掛金を買い取るのではなく、売掛金の回収リスクを保証する保険会社と契約します。

  • 融資

融資も資金調達手段の一つですが、ファクタリングと異なり、融資では企業は資産を担保にお金を借ります。ファクタリングは売掛金そのものを資金化するため、担保が不要であり、信用リスクも低いと言えます。